メガネふきウェブ

まんがを描いたり描いているふりをしたりしています。»jampan.net

裏切りと恩知らずのポルカ

コート選手、ワンピース選手 加入のお知らせ

のぞみユニは17日、駅前の百貨店より冬物のコートとワンピースを完全移籍で獲得したと発表した。移籍金は推定1万8千円*1
数日後に控えた東京遠征を見込んでの補強と見られる。

同強化部長は「コートは黒色で汚れが目立たない。積極起用に耐えうることを評価した。ワンピースは薄手であり春シーズンにかけての起用も見込める。また層の薄いボトムスのフォローにもなれば」と語った。
また一方では「ウォーキング用に買ったダサいナ●キの運動靴で勝負服を買いに行くのはいかがなものか。補強ポイントを履き違えているように思う。靴だけに」と指摘の声も上がった。

なお、衣類に関して同氏は「夏から秋は引きこもっていたので半裸とジャージで乗り切った。自費で衣類を買い足した記憶が遠い」と、前回帰省時に実母に買ってもらった柄シャツ以来の久しぶりの補強であることを明らかにした。

……………

そんなこんなストーブリーグです

サンフレッチェの優勝を喜ぶもつかの間、優勝特番で大車輪の活躍(すべり芸)を見せたムードメーカーの森脇選手がよりにもよって浦和レッズへ移籍と発表されてしまいました。
こんな所までブログを読みに来ていただける方のうちどれだけがこのへんに明るいのかわからないので解説しますと、阪神に金本・シーツ・新井が揃い踏んだアレ再びって感じです。こちとら金銭も人的補償もないよ! 等細かい事情の違いはありますが。
よって広島っ子としてはこんな事は慣れっこなのですが、やはり何度あってもさみしくかなしいものです。

「地元出身で下部組織で育ってまでなぜ関東のチーム(しかも今季の順位は下)に?」と言われていることでしょうが、もうこの点に関しては自分の立場に置き換えると生々しいということが分かってしまったので全く責める気になれません。


引き抜きというとその昔、久保竜彦選手というプレーを取ってもキャラを取っても規格外(参照:久保竜彦伝説)の看板ストライカーが、サンフレッチェのJ2降格を機に横浜F・マリノスに移籍してしまうということがありました。
広島在籍時から彼の武勇伝はサポーター・ファンの間では語り草だったのですが、当時のサンフレッチェの全国区での扱いは今に比べてかなり地味でお粗末。
しかしマリノスへの移籍後に突如在京TV局が久保選手のキャラにスポットライトを当て始めます。当時多感な時期でひねくれていた自分は、「久保が面白いのは今に始まったことじゃないのに、関東に行った途端こうだよ!」と東京コンプレックスを被害妄想的に刻んでしまいました。

きっと森脇選手もかつての久保選手、再び同僚となる柏木・槙野両選手と同じく今よりメディア露出が増えることと思いますし、その度に「裏切り者の顔は見たくない!」などというサポーター・ファンの方もいらっしゃるでしょう。ピッチ外からの野次も然り。

自分が自身のことを「サポーター」だと淀みなく名乗れない程度のテキトーなファン(ここ数年の観戦歴が飛んでますし)であることもありますが、彼らを「裏切り者」とするにはどうにも辛いものがあります。
もし番号入りのレプリカユニフォームを買っていたら1万とン千円分の恨みは発生していたかもしれませんが。


まず自分自身、郷土愛をサンフレッチェカープの応援に込めてはいつつも、ハイスクールを出たら次の年にバッグを抱えてあっさり関西に進学した身ですし、「東京の近くに行けば何か変わるかも」という幻想は今も自分を支配しています。「幻想」と書いてしまうくらいにまだ意地を張ってはいますが。

故郷のことは今でも大好きで住み良い街だと思っていますが、テレビ東京系と上島珈琲店のある生活を一度味わってしまうと「変わってくぼくを許して」と大丸梅田で木綿のハンカチーフを購入せざるを得ません(テレビ東京さん、UCC上島珈琲さん、切に広島進出をご検討ください)。

そういう個人的な実感もあり、「地方で生まれ育った人に都会をチラつかせるとグラつく」件に関しては、端から見たイメージと当人にとっての実感とのギャップがかなりあるのではと察してしまうわけです。
新井選手がFAした時の「カープが好きだから辛い」という言葉の意味が今なら分かる気がします。個人単位で考えると色々あるんです。


彼ら一線で活躍するアスリートの移籍事情とたまに漫画を描くだけのさなぎニートの地元事情とを照らし合わせて何になるのかという話ですが、とにかくこの手の話題に関しては「仕方ないよね」で済まさなければ、自分が故郷と都会を天秤にかけて後者を取った裏切り者になってしまう気がして、そう、辛いのです。


あと何より興行のスポーツである以上穏やかな心で楽しみたかったり(「サポーター」となるとまたこのへんの考え方が違うのですが)。


ともあれ森脇選手のやるときゃやるぜの明るいキャラにはずいぶん楽しませていただき励ましていただいたので、その分のご恩と思い出は忘れずに、でも来季当たったらギャフンと言わせてやっかんな! と後釜の選手たちに希望を託します。
せっかくだし出世して海外移籍して連帯貢献金置いてけるまでになってくれよな!

*1:2点以上お買い上げで20%オフ

広告を非表示にする